Wikipedia-ウィキペディアについて

wikipedia01.jpg
Wikipediaは年齢・性別・職業問わず誰でも編集可能な フリー百科事典です


 それ故にたくさんの問題点もあります。ネットが普及してウィキペディアの知名度も上がり、何か検索するとトップにほとんどウィキペディアの情報が来ます。
 ただしウィキペディアは、学者や専門家が監修・編纂した辞書ではなく、アカウントをとれば年齢・性別・職業問わず誰でも編集可能なネットの百科事典です。つまり素人が素人な項目について編集が可能になっています。間違った情報が載ることもあるし、編集する人が複数いるので、きのう見たページに今日は違うことが書いてあるかもしれません。

 各ページの上部にも↓↓の文言が書かれています。
wikipedia02.jpg
・閲覧される皆さんへ:ウィキペディア日本語版に記載されている内容には、未確認の情報や誤りがある可能性を考慮してください。
・編集される皆さんへ:ウィキペディア日本語版に編集を行う際は、必ず検証可能な出典をつけてください。

 自分が読んだ項目に検証可能な出典はついていましたか? 出典の情報とウィキペディアの情報が合っていることを確認できましたか? この「出典」に関しても信頼できるものか注意が必要です。本文だけを読んで信じてしまうには、少し危ういのです。
 たくさんの編集人の目で検閲されるので間違いが見つかりやすい面もありますが、一方で編集する人の恣意的編集が見つからずに情報として掲載され続ける場合もあります。
 誰かが間違いに気づかない限り、間違いが正しい情報のようにずっと記載されてしまいます。

 つまり「誰でも編集できる」ということは、管理人が自分の項目を『超いい人!』と作って、嫌いな人の項目を『すげー嫌なやつ』とでっち上げることができ、誰かが気づくまでその情報を見た人がそれを信じてしまう可能性があるということです。
 ウィキペディアに載っていると「正しい」と感じてしまいがちですが、ウィキペディアで得た情報は自分なりに精査と検閲が必要になります。

【ウィキペディアの問題点】
ウィキペディアのウィキペディアに問題点が書いてあるので引用します。


■記事の信頼性
・記事に対する査読制度がないため、問題ある記述はコミュニティーの自己管理により解決されることに委ねられていること
・問題のある投稿が他の利用者によって修正・除去がなされるまでは一時的であっても適切でない記述が公開され、問題が長期間見逃されたり、後述する編集合戦により編集できない場合に問題のある記事が長らく修正・除去できないという問題もある

■法律に関する問題
<名誉毀損>
・個人や団体に対して、プライバシーに関わることを書いたり、真偽の不明確なゴシップ(噂)を断定的に書いたりすることで、本人や当団体から抗議を受けることがこれまであった。
 また他の利用者が気づかずに訂正されなかった意図的な嘘の投稿に対して書かれた個人が抗議したこともあった
 →ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争
<著作権侵害>
・著作権法や著作権についてのウィキペディアの方針に対する理解不足から、記事を書く際に書籍やネット上の文章をそのままコピーした文章が投稿されることがある。これに対しては著作権侵害への対処として削除の手続きが取られる。

■編集合戦
・政治や宗教、価値観のように意見対立が起きやすいテーマにおいては編集合戦が起こり、議論による解決のため一時的に保護(記事の編集ができない)の状態におかれる。編集方針についてなかなか合意に至らないことで間違いや偏りのある記述が長い間修正できないという事態に至ることもある。

■荒らし
・時として悪意を持って虚偽の情報を記載したり、不適切な言葉を書き連ねたり、ページを白紙化するなどのいたずら・荒らし的投稿がなされる。個人や団体などについての虚偽の情報が余計な騒動をもたらすこともある。
(引用ここまで)


 他にも問題点はありますが、管理人も2ちゃんねるの祭をまとめていく上で情報を集めていると、個人のブログなどからウィキペディアにそのままの文章をコピペされているのを目にしたりします。
 他にも自分で自分のページをページを編集する人もいます。これだと客観的な視点がなくなって、本当のことが書いてあるかどうかもわかりません。ウィキペディアが浸透しているのでそういった自分本位の使い方をする人もいます。
 そうすると「wikipediaの信頼性」に疑問が沸いてしまうのです。

   結局のところ、よほど信頼できるところが出した情報以外ネットでは情報の取捨選択と検閲・真偽の判断は見る人に委ねられています。正しい情報ももちろん載っていますが、たくさんの情報から正しいか間違っているかを見分けるには「2ちゃんねる」にも通じる嘘を嘘と見抜けないといけない訳です。

   ウィキペディアが正しいと思っている人は、上記のようなサイトだと理解した上で検索で挙がった他のサイトとも見比べて、うまく活用することをオススメします。

■関連記事
・成長の痛みを味わうWikipedia--2つの「事件」で問われる在り方
 http://japan.cnet.com/news/media/20092212/

■おまけ
・ウィキペディアの参考画像がひどいことになってるまとめ


 ウィキペディアと違って、ちょっとひねりの効いた面白い百科事典でアンサイクロペディアというのがあります。
 「嘘を書いてもいい」?自由な百科事典なので、編集した人のユーモアセンスが問われます。管理人も時々、秀逸な項目が何か挙がってないかな?とチェックしにいきます。ウィキペディアの問題点も皮肉られてて面白いですwちょっと重い。
<アンサイクロぺディアのおすすめ>
 ・ウィキペディア
 ・あああああああああ!
 ・盥回し
 ・・この人痴漢です!
 ・エクストリーム・謝罪 ←お気に入り
 ・ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
 ・中二病
 ・栄村大震災





ウソのようなホントの話―追想の昭和初期史から現代医療事情までウソのようなホントの話―追想の昭和初期史から現代医療事情まで
伊佐 三休

文芸社 2002-05
売り上げランキング : 708874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。